【Q.00587】 11/4(木)~6(土)開催、「第37回熱気球日本選手権」。 優勝者は?

すぐに解答したい場合はこのテキストをクリック!】

 こんにちは!今日も楽しく未来を予測していきたいと思います!

 1978年に福岡県で開かれた「バルーンフェスタin 九州」という小さなバルーンミーティングがその始まりとされている「佐賀バルーンフェスタ」。
 1980年には会場を佐賀県に移し、熱気球大会がこの年スタートしました。

 これがこの問題となっている熱気球日本選手権の元となり、その後1984年に第1回が開催され、今年(2021年)に37回を数えるまでになりました。

 公式サイトでは問題出題時までに51名の選手がエントリーされています。選択肢には過去3年で成績の良かった選手をチョイスしてみました。

 果たして今年の大会ではどの選手が優勝するのでしょうか。

判定方法

 大会結果をもとに判定します。

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございましたー!

関連リンク

【2021佐賀インターナショナルバルーンフェスタ】

選択肢

【問題&選択肢】

【 4 つまで選択可能  /  2021.11.03 @ 23:59 〆切 】
【Q.00587】 11/4(木)~6(土)開催、「第37回熱気球日本選手権」。 優勝者は?

  • ①藤田雄大 (25%, 1 票)
  • ②上田諭 (25%, 1 票)
  • ③山下太一朗 (25%, 1 票)
  • ④須江哲洋 (0%, 0 票)
  • ⑤上田祥和 (0%, 0 票)
  • ⑥辻将隆 (0%, 0 票)
  • ⑦宮田浩樹 (0%, 0 票)
  • ⑧その他 (25%, 1 票)

総回答者数: 1

読み込み中 ... 読み込み中 ...
おすすめの記事