【Q.00715】 2022年の東京証券取引所の大納会・終値は?

すぐに解答したい場合はこのテキストをクリック!】

 こんにちは!今日も楽しく未来を予測していきたいと思います!

 日本の証券所取引所は1/4にその年の取引が始まり、12/30が取引の最終日となります。
 ※土日祝日が重ならなかった場合
 この日の営業日をそれぞれ「大発会」「大納会」と呼びます。2022年の大納会は12/30です。

 今年もすでに取引が始まり、連日株価が変動しています。
 みなさんには12/30(金)の終値を予想してもらいます。

 参考までに、過去5年の大納会終値は以下の通りです。

 2021年……2万8791円71銭
 2020年……2万7444円17銭
 2019年……2万3656円62銭
 2018年……2万0014円77銭
 2017年……2万2764円94銭

 2021年の大納会終値は32年ぶりの水準という事で、数値だけ見れば日本は不況を脱出したように見えます。
 果たして今年の終わり、株価はどのような値を示すのでしょうか。

選択肢

【問題&選択肢】

【 4 つまで選択可能  /  2022.01.31 @ 23:59 〆切 】
【Q.00715】 2022年の東京証券取引所の大納会・終値は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...
おすすめの記事