【Q.00758】 REXSによる東北新幹線のレール交換。 現在進行中の大宮~郡山間が実際に完了する時期はいつ?

すぐに解答したい場合はこのテキストをクリック!】

 こんにちは!今日も楽しく未来を予測していきたいと思います!

 東京駅と新青森駅をむすぶJR東日本の高速鉄道路線「東北新幹線」は今年で開業40周年を迎えます。
 ※1982年6月23日開業

 40年間運用し続ける列車の足元をささえるレール、そのレール交換を行うために活躍しているのが今回出題しているREXSです。

 REXSは、”Rail EXchange System”の略でレール交換に必要な、運搬・積み卸し・溶接・交換をこの機体だけで完了させる世界初のシステムです。
 ※開発した東鉄工業による紹介ページもあります(リンクは後述)

 2016年10月に導入されたこの機体は2026年度までの10年間で、東北新幹線の営業区間の一部である大宮~郡山間約190kmのレール交換を行う予定です。

 新幹線の足元を守る大事なプロジェクト、怪我などなく安全に作業が行われるといいですね。

判定方法

 公式からの発表をもとに判定します。

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございましたー!

関連リンク

【東鉄工業 新幹線レール交換システム(REXS)】(recruit totetsu)

選択肢

【問題&選択肢】

【 4 つまで選択可能  /  2022.12.31 @ 23:59 〆切 】
【Q.00758】 REXSによる東北新幹線のレール交換。 現在進行中の大宮~郡山間が実際に完了する時期はいつ?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事