【Q.00316】ドローンの飛行可能範囲を盛り込んだ「航空法改正案」により、目視できない有人地帯での飛行が可能になるタイミングはいつ?

すぐに解答したい場合はこのテキストをクリック!】

 こんにちは!今日も楽しく未来を予測していきたいと思います!

 無人で遠隔操作や自動制御によって飛行可能な航空機であるドローン。ラジコンのヘリコプターとは、すべてを操縦者が主導で行うのがラジコンで、GPSや加速度センサーなどを搭載してある程度の自立性を備えることで自動制御や自動飛行が可能なのがドローンといった区別が分かりやすいと思います。

 現在ドローンの活用方法は火災現場の早期把握や農薬散布などが中心です。現在開催中の通常国会に提出された航空法改正案によって、操縦ライセンスを持つ人ならば有人地帯の上空を目視で確認できない状態でも飛行可能「レベル4飛行」の実現が可能になります。このことにより、離島や過疎地などに配送を行えるようになって、運送業界のスタッフ(トラック運転手)などの不足を補う存在になるでしょう。

 政府はレベル4飛行の実現を2022年度をめどに可能にしたい考えだそうです。実際に荷物が空を光景は安全が確保されるのだとしたら、とても映画的な光景になりそうですね。

判定方法

 航空法改正案、特にドローンに関わる「無人航空機のレベル4飛行の実現等」が可決されたタイミングを「飛行が可能になった」と判定します。

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございましたー!

関連リンク

【航空法等の一部を改正する法律案を閣議決定~航空ネットワークの確保と航空保安対策、ドローンの更なる利活用を推進!~】(国土交通省)

選択肢

【問題&選択肢】

【 4 つまで選択可能  /  2022.01.31 @ 23:59 〆切 】
【Q.00316】 ドローンの飛行可能範囲を盛り込んだ「航空法改正案」により、 目視できない有人地帯での飛行が可能になるタイミングはいつ?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...
おすすめの記事