【Q.00592】 2021年10月の衆院総選挙後に組閣される新内閣、記念撮影時の眼鏡率は?

すぐに解答したい場合はこのテキストをクリック!】

 こんにちは!今日も楽しく未来を予測していきたいと思います!

 2021年10月14日に衆議院が解散しました。

 衆議院が解散されると、衆院議員ではなくなった首相や閣僚が内閣としての仕事を続ける変則的な状況となります。
 今後のスケジュールは31日の投開票後に特別国会が召集、新首相を指名後に新内閣が発足予定です。

 その新内閣発足で我々日本国民におなじみの映像と言えば、赤い階段に整列して内閣の記念写真ではないでしょうか。

 赤いじゅうたんを敷いた総理大臣官邸の階段で総理大臣を中心に閣僚たちが写真撮影をおこなうようすが、組閣された日の夜にTVやネットで公開されることが普通です。
 今回はこの写真撮影に注目してみました。

 岸田文雄内閣が組閣されたときの写真撮影では、25人の内閣のうち、岸田首相をはじめ7人の方が眼鏡をかけていました。
 よって岸田内閣の写真撮影時の眼鏡率は「7人÷25人」で28%となります。

 ※カウントした首相及び大臣
 「岸田文雄 総理」「金子恭之 総務」「西銘恒三郎 復興」「後藤茂之 厚生労働」「金子 原二郎 農林水産」「萩生田光一 経済産業」「斉藤鉄夫 国土交通」

 解散総選挙で大臣クラスの議員が大量に落選する(イコール、メガネ率が変化する)とは考えられないため、基準値(選択肢④)にこの「28%」を置いて選択肢を並べてみました。

 果たして新内閣の眼鏡率の増減はどうなるのでしょうか。

判定方法

 新内閣組閣後の写真撮影で判定します。
 撮影されなかったり写真が公の場にならなかった場合は【⑧その他】の判定です。

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございましたー!

選択肢

【問題&選択肢】

【 4 つまで選択可能  /  2021.10.31 @ 23:59 〆切 】
【Q.00592】 2021年10月の衆院総選挙後に組閣される新内閣、記念撮影時の眼鏡率は?

  • ①19%以下 (0%, 0 票)
  • ②20~23% (0%, 0 票)
  • ③24~27% (33%, 1 票)
  • ④28~31% (33%, 1 票)
  • ⑤32~35% (33%, 1 票)
  • ⑥36~39% (0%, 0 票)
  • ⑦40%以上 (0%, 0 票)
  • ⑧その他 (0%, 0 票)

総回答者数: 1

読み込み中 ... 読み込み中 ...
おすすめの記事